葉酸サプリと葉酸

葉酸の栄養素
葉酸は、妊娠やおなかの赤ちゃんに大きな影響を与える大切な栄養素です。妊活中は、男性も女性にも欠かせない栄養素で、妊娠する力を高めてくれます。

葉酸は食べ物からも摂取できますが、体内吸収率が悪く体に摂り入れることが難しい栄養素です。

葉酸は熱に弱く水溶性のため、調理過程で流れ出てしまうからです。口の中に入るまでにおおよそ半分になり、体内に入っても体内吸収率は半分程度なので体の外に排出されてしまいます。

そこで、葉酸サプリを使うと体内吸収率を上げることができます。葉酸サプリは体内吸収率が90%近くあり、吸収されやすくなっています。

そのため、1日の必要量をきちんと摂取でき、毎日欠かさず続けることができるというメリットもあります。

葉酸サプリの効果

葉酸サプリを飲むことで、女性も男性にも妊活しやすい体作りができます。

女性は、子宮内膜を強化することができます。葉酸は、造血ビタミンとも呼ばれ、血液を作り出す働きがあります。受精した卵子を育てるふかふかのベッドを作ることができます。

着床して胎児へと成長していく中で、居心地のいい子宮内膜で流産の防止にもつながります。

葉酸は、タンパク質や核酸の合成をサポートする働きがあり胎児の発育と大きな関係があります。胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減することができます。これは、妊娠する前から葉酸を摂取する必要があります。

妊娠に気が付いたときには、すでに胎児の神経管が出来上がっているからです。妊活中からしっかりと葉酸サプリを摂取することで、リスクの軽減につながります。

男性は、妊活のためには健康で元気な精子を作り、受精する必要があります。葉酸は、細胞分裂や増殖をサポートする働きがあり、正常な精子を作ることで妊娠力をより高めることができます。

葉酸が不足していると、染色体異常を持った精子ができやすくなってしまいます。妊娠しても、流産しやすくなったり赤ちゃんが病気を持っているなど胎児の先天的障害などの原因になってしまいます。

妊活と葉酸サプリ

妊活中は葉酸が必要ですが、妊娠し出産するまでの間も葉酸は必要になってきます。

葉酸サプリには、色々な種類が売っています。葉酸のみ摂取できるものや妊娠中に必要な栄養素も一緒に摂取できるものなど様々です。

妊娠すると、つわりが始まり臭いに敏感になります。継続して続けるためにも、臭いが気にならず小粒で飲みやすいものを選びたいものです。

葉酸を飲んで、栄養価の高い血液を作り出すことが、健康で元気な赤ちゃんの出産につながります。