医療脱毛は痛い?サロンとの違いは?悩むなら絶対医療脱毛!

クリニックとサロンの違い
医療脱毛には、痛い・高い・怖いというイメージがありませんか?脱毛サロンに比べ敷居が高く感じる人も多いかもしれません。

しかし、実際の医療脱毛はサロンとあまり変わらない料金で受けることができます。また、医療機関ならではの技術で万が一トラブルが起きた場合のケアも安心。

では、医療脱毛とサロン脱毛の違いとは何でしょうか?

最大の違いは、医療脱毛は「レーザー脱毛」サロンは「光脱毛」であるということです。どちらも黒い色に反応し、熱を発生させて毛を除去するという考え方は同じなのですが、レーザーと光ではパワーに圧倒的な差があります。

光はパワーが小さく、永久脱毛は不可能です。レーザーの照射パワーは毛根の組織まで破壊できるほどのパワーがあります。一生涯ムダ毛の処理から解放される永久脱毛の肌を手にするためには、医療脱毛しかありません。

何度か脱毛に通わなくてはいけないというのはレーザー脱毛でも光脱毛でも共通ですが、レーザー脱毛のほうが効果を感じるのが早く、かつ永久脱毛をすることができます。

それでは、痛みについてはどうでしょうか?一般的には、医療脱毛はゴムで弾かれたような痛みがすると言われています。

しかし、人によって感じ方は様々で、毛質や体質によって異なるため一概には言えません。最近の医療脱毛は技術が進み、脱毛と同時に肌の冷却ができるマシーンなど痛みの軽減に努めています。

脱毛後にヒリヒリすることもありますが、軟膏を処方してもらえる場合がほとんど。このように、きちんと薬でケアしてもらえることは、医療機関で脱毛を受けるメリットであると考えられます。

もしかしたら、レーザー脱毛で多少の痛みを感じるかもしれません。しかし、その先には永久にムダ毛処理から解放され、ツルツル素肌を手にいれることができるのです。

もし、医療脱毛に心配があってもほとんどのクリニックで無料カウンセリングを受けることができます。

事前に不安や悩みを聞いてもらい、安心して脱毛を受けられるようなシステムになっているので、永久脱毛を手に入れたい人はぜひ医療脱毛を受けてみてください。